オンラインストレージのチェック【必要性について調べよう】

Menu

大事なデータを集中管理

社内

情報共有の効率化も実現

ビジネスにおいては毎日大量のデータを使用し、また管理していますが、それぞれのパソコンに保存できるデータの容量には限界があります。そのため、さらに多くのデータを保存するには外付けのHDDを増設するなどの手間が必要になります。しかし機器の度重なる増設は必要なデータの在りかが分かりにくくなるという課題があるうえ、故障によるデータ破損のリスクも増大します。そのため、最近ではオンラインストレージを利用してデータの保存管理を行う企業等が増加しています。オンラインストレージとは、ネットワーク上に専用のストレージを設け、データを保存できるサービスです。具体的にはサービス事業者の提供するサーバー内に保存するため、個々のパソコンには負担がかからなくなります。ユーザーはインターネットを通じてオンラインストレージにアクセスし、データを更新したり閲覧したりすることが可能になります。オンラインストレージに保存できるデータの容量は、無料のサービスであれば数GB〜数十GB程度ですが、有料版であれば数百GB以上、中には1TB以上というケースも珍しくありません。大量の文書や画像、音声ファイル等を一か所で集中管理することができます。また、オンラインストレージはパスワード等を適正に管理すれば複数のユーザーがアクセスすることも可能です。そのため、組織の誰かがアップロードしたデータを、同じ組織の他のメンバーが閲覧することも容易です。つまり、情報の共有化ツールとしても活用することができるのです。

Copyright© 2018 オンラインストレージのチェック【必要性について調べよう】 All Rights Reserved.